スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<世界自然遺産>推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)

 政府が世界自然遺産に推薦した小笠原諸島(東京都)について、国際自然保護連合(IUCN)の専門家による現地調査が7月4~13日に実施されることが分かった。環境省が4日、日程を発表した。結果は11年半ばまでに報告書にまとめられ、同年夏の世界遺産委員会で登録の可否が検討される。現地調査は世界遺産の審査の一環。

【関連ニュース】
奄美群島
’10なごや・COP10:生後10カ月のユキヒョウ公開--東山動物園 /愛知
シロクマ:温暖化で激減 写真家、丹葉さんが見た絶滅の危機

<湯飲み茶わん>菅首相も仲間入り 岐阜で製作急ピッチ(毎日新聞)
連続強盗強姦、被害女性が別室からビデオリンク陳述(産経新聞)
長妻厚労相 「子ども手当満額困難」(毎日新聞)
<荒井戦略相>事務所費問題 支出一覧に政治活動費が交じる(毎日新聞)
菅内閣 幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題(毎日新聞)
スポンサーサイト

投与ミスで患者重体=抗がん剤、過剰に―九大別府センター(時事通信)

 九州大学病院別府先進医療センター(大分県別府市)は27日、抗がん剤を過剰に投与するミスがあり、70代の男性患者が意識不明の重体になっていると発表した。
 同センターによると、男性は食道がんの放射線化学療法を受けるため、4月12日に入院した。主治医の40代の男性外科医は参考資料を見誤り、抗がん剤を必要以上に投与する治療計画書を作成。薬剤室などのチェック機能が働かないまま、19日から約2週間にわたり計画書通りに治療が進められた。抗がん剤は2種類あり、それぞれ通常の1.5倍と2.8倍投与されていた。
 5月6日の血液検査で男性の白血球数などに異常が見つかり、投与ミスが発覚。男性は14日から意識不明の状態が続いている。 

【関連ニュース】
興和テバと日本化薬、バイオ後発薬の開発・販売で提携
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
日本イーライリリー、ジェムザールの効能追加
幹細胞に特徴的な分子発見=急性骨髄性白血病、根治に期待

元税理士の男を不起訴=元妻の娘との婚姻届提出―神戸地検支部(時事通信)
景品交換所強盗で男逮捕=500万奪った疑い―警視庁(時事通信)
日中韓首脳会談 共同記者会見の要旨(産経新聞)
松屋浅草 日本最古の屋上遊園地、31日閉鎖(毎日新聞)
海外からの投資をめぐる北朝鮮の錯覚
プロフィール

ミスターとくおたかみ

Author:ミスターとくおたかみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。